2008年1月30日水曜日

大雪!?

10数年振りの大雪。

ここ数日間、一日15センチから20センチくらい雪が積もっている。
雪に慣れているこの町でもさすがにつらい。
学校や役所は閉鎖。サービスが開始されても、全て通常通りとはいかない。

そうそう、夜寝ていると「ガサッ」という音とともに、稲妻光!
そして停電。

外を見てみると木が折れて、電線に引っかかっていた。
そして、ある枝の先には赤い光が....

なんと枝が燃えているではないですか!!
一応、消防署に通報して火の元を調べてもらった。

久しぶりの「事件」!?
ちょっとドキッとしたけど、何事もなくよかった。

今日も道路の状態はよくない。でも、大学は今日から通常通り。

ちなみに、木がもたれ掛かっている電線は??
電気回線担当部署(この町は市役所が電気、水道、ガスの面倒をみています)
に電話すると「雪が解けたころに直しに行くから、それまで触らないで」だって。
おいおい。

「その電線に電気は通ってないですよね。」と私。
「恐らく断線していると思います。でも通電しているかもわからないので
触らないように。」と担当者。
「ちょっと、それでは不安なんですが。」と私。
「もし何かあればここに連絡してください。」と担当者。

何かあってからでは遅いから今頼んでいるというのに....
さすがアメリカ。おおらかというか、大雑把というか、無責任というか....
長くこちらに住んでいると流石にとの程度では驚かない。
でも、やっぱり気持ちはよくないかな!?