2010年1月23日土曜日

日本のプリペイドSIMについて

インドからの帰り、日本に数日滞在したときのこと。
「ちょっと電話を。」と思い、公衆電話を探す。
最近は、携帯電話の普及もあって公衆電話の
数が減っている。以前は銀行やタバコ屋など
に必ずあった。

プリペイドSIMを買って、手持ちのBJ2(SGH-617i)に
入れて使おうと思った。ところが。。。

私「プリペイドSIM」がほしいのですが。」
店員「はい。プリペイド携帯は以下のものがあります。。。」
私「SIMだけ分けて頂けないでしょうか。電話機はここにあるので。」
店員「それは、動作を保障しかねますので、SIMだけの契約
    は当社の携帯電話のみ受け承れます。」
私「これはSIMフリーですし、日本の貴社3Gの周波数、変調もカバーしています。」
店員「保障しかねますので。。。」


結局、必要に迫られ、プリペイドSIMを携帯電話と共に購入。
その直後、私の電話機にSIMを差し替えて使用。問題はまったくなし。


ま、5000円弱のことなので、たいした額ではない。
しか~~~し、無駄は無駄である。


メールの機能が違うから、指定の電話機でなければとあるウェブに乗っていた。
しか~~~し、そんなことはまったくない!!MMSの設定でOK。
(ちょこっと、レジストリをいじる必要はありましたが。でも、これも初歩的な技術。)


インターネット(データ通信)は?え?どこ?  ないの???


SIM、MMS、全て基本的な携帯電話の機能ではないですか!!


では「保障の対象」とは??
私にとっては意味不明。恐らく、カスタマーサービスに関することなのであろうが。


日本って、痩せても枯れても、(まだ)アメリカに次ぐ経済大国のはず。
(そろそろ中国に抜かれると思うけど。)


日本の非永住・滞在外国人の数も多いはず。従って、プリペイドSIMの需要も
それなりに大きいはず。しか~~~し。。。。

言葉が続かない。

この発展途上国並(それ以下?)の携帯事情。


え?セキュリティ?テロ対策?SIMのIDと個人情報の突合せ問題でしょ。
「電話機抱き合わせ販売」のセキュリティへの貢献などどこにあるのでしょう。
はっきり言い切ります。ありません!!!


唯一考えられる理由。キャリア(携帯会社)の(自分勝手な)収益都合だけ。
そりゃ、彼らの収益は大事ですよ。でも、ユーザをネットへアクセスさせて
からの(アプリによる)収益の方が「アクセスそのもの(通信)」のそれより
ポテンシャルが(むちゃくちゃ)高いでしょ!?


え?アプリに対処する力がない??はは、こりゃ駄目だ。


携帯電話のグローバル化。是非推進の程を。