2010年2月13日土曜日

大学の質3:質の向上

大学の質って、どうやって向上するのでしょうか?

いい大学はよりよく、
そうでない大学はそこに甘んじる。
というのが原則なのでしょうか。

実際、私の所属する大学の「重鎮」方
は「研究」と「教育」を別物とお考えの
ようです。当然、私は真っ向から反対
の立場。

ま、そのようなことはさておき。

どの大学も「始まり」があるはず。
そして、その「始まり」から大学の
質が決定していたとは考えにくい。

一部例外もありますが。。。。
例:ロカフェラーの後押しで開校
したシカゴ大学。

大学の開校からの歩み、即ち「過程」、
から何か答えが導き出せないだろうか。
一度では書ききれないので、これから
少しづつ。

一つ言える事。それは、「大学の質の
改革は、トップの強力なリーダシップに
よってのみ可能である」ということ。

どういうこと?

それはトップの強力なリーダシップ無し
では、その下にどんなに優秀な教員や
学生がいたとしても「大学の質」は大きく
改善されないということ。

アメリカの場合、非常に難しい話ではあるが、
一つ例外がある。

それは、ある教員が大学の予算の10%以上
に相当するような大きな資金を集めたプロジェクト
を立ち上げた場合。

え、「資本主義」そのものではないですかって?

勿論。アメリカの大学は資本主義で成り立って
います。即ち「教育」というビジネスです。

ふ~~~む。ビジネスの改善・改革として「大学
の質」を上げることは可能だろうか?これも
面白い話。

でも、単純に「ビジネス」として割り切って考える
ことは大変危険である。また、適切でないと思う。

「学会」という認識を崩さず、その中にうまく
「ビジネス改革」の要素を取り入れられるのか。

この辺りについても、折を見て語りたい。