2010年5月30日日曜日

格安旅行用ITガジェット

夏が近くなりました。が、ここの天気は「ようやく春??」という実感しか与えてくれません。日めくりは進んでいます。実感の有無は関係なく準備を進めねば。。。。

今回はITガジェットについてのひとりごとです。

職業柄、出張が多いのですが、低予算の都合上ビジネスクラスのフライトやタクシーの多用は厳しい環境に身を置いています。従って、フライトはエコノミークラスを、現地では「歩けるところは歩く」を前提にした旅行になります。但し、現地での活動は「それなりの機能」を要求します。書類は出張の有無に関わらず追いかけてしますし、メールのやりとりは最低必要機能です。海外出張の場合、携帯電話も課題の一つです。

要求仕様としては、細かいことを挙げればキリがありませんが、基本的には以下のようになります:

1 なるべく小型かつ軽量
2 なるべく低価格
3 ある程度「使いやすい」こと
4 故障が少ない(ない)こと


私はこんなものを使っています。

1 ネットブック ASUS PC900HA
低価格、小型・軽量、十分なディスク容量。価格面では1年の使用で元がとれる計算が成り立ちます。でも、既にそれ以上使っている^^;

2 ウォークマンUSBメモリスティック
音楽でリフレッシュ。車の多い道を歩くときの疲れを軽減!?ファイル交換用メモリスティックとしても活躍。

3 スマートフォン
アンロック必須。現地SIMと格安国際ローミングSIMの併用。WiFi Hotspotのないところでは、データ通信を使ってメールチェックできます。壊したりなくしたりする可能性がとても高いので、中古で高機能なものを狙います。現在はSumsung SGH-i617 (WM6.1) Blackjack IIがメインの携帯。70米ドルで購入。場合によって、中国製のニセiPhoneも重宝(SIMが2枚入る)。これは60米ドルです。この頃は両方持っていきます:Blackjack IIが香港のSIMを用いたデータ専用。映画再生もPCへのモデム接続もOKなので重宝しています。ニセiPhoneは通話専用:現地SIMと国際ローミングSIMを便利に使い分けます。

0 件のコメント: