2010年10月30日土曜日

日米比較


通信や交通の発展の恩恵で国同士の距離が短くなったと言われる。先進国同士は相互理解が深い。知られていないことは殆どないなど。

はたして本当にそうだろうか。

日米関係はお互いに最重要相手国の認識があり、確かに官民両レベルでの交流は多い。でも、どのくらいアメリカ人は日本のことを分かっているのだろうか。逆に、どのくらい日本人はアメリカのことを分かっているのだろうか。

個人差もあるだろうが、以外な点が分かり合えていないと感じるのは私だけであろうか。最近、私は以下の事に対してこれを強く感じた。

*日米雇用意識の違い:正社員と派遣社員や契約社員の「格差」の源?

*賃貸の違い:日本でアパートを借りるのは難しい?

*日米大学教員雇用の違い