2010年12月28日火曜日

Kindle 3にPIM!?

PIM: Personal Information Management. 一昔前はシステム手帳や電子手帳を用いた。その後、電子手帳やPDAが出てきて、現在は携帯電話(特にスマートフォン)に組み込まれることが多い。基本機能は予定と連絡先の管理。これに「電子の世界」特有のメール、チャット、通話などが含まれることが標準的。最近はSNS機能の充実が図られている。
-----


今年も残りわずか。多くの方は仕事納めを済まされたと思います。私は職業柄いつも書き物やメールなどをやっているので何をもって仕事納めとするのかがファジィ(あいまい)です。といいつつ、今年の年末は不思議と書き物の締切りに追われることなく平和(?)に過ごしています。蛇足ですが、年始にいくつか大きな締切があるので「嵐の前の静けさ」とも言えますね^^;

さて、Kindleでのんびりと読書をしたり、それに飽きたらメールを読んだりBBCやニューヨークタイムズのウェブ記事を読んだりしていた時に思いついたのがKindleでPIMを実現すること。もちろん無料ソフトやサービスを有効利用することが前提です。

結果は、オンラインという制約がありますが、結構使えそうなPIMが実現できたと思います。詳しい設定方法は私のFacebookにノートを掲載していますのでご覧ください(英語版)。私と「友達」になる必要がありますのでまだの方はリクエストを送ってください。

http://www.facebook.com/profile.php?id=100001488251521

以下の機能で構成されています。もちろん全て無料です。単純ですが必要最低限の仕事はやってくれそうです。

1 メールの読み書き。GMAILのモバイルサイト。
2 予定管理。グーグルカレンダーのモバイルサイト。
3 メモ。ClassicNotePad。
4 連絡先。GMAILのContactsのPCサイト(モバイルサイトではないことにご注意を!)を「HTMLで表示」。なぜか新規追加はできない(既存エントリーの内容の追加や変更は可能です)。でも、これは3のメモで簡単に補える。それよりも、GMAILのContactsの一覧や検索が使えることが大きな利点である。

オンラインの制約ですが、私のKindleはWiFiと3Gがあるモデルなので、その使用可能地域はかなり広いです。AT&Tのサービスを使っているようなので、アメリカはもちろんのこと国際ローミング(100ヶ国以上)も広くカバーされています。WiFiはAT&TのHotSpotを含んでいますので空港やスタバ(t-mobileのHotspotからのローミングになるのかな?)など多くの場所で使用可能です。しかもウェブ閲覧の通信は追加料金なしで提供されています(*)。

メールの読み書き、予定管理と連絡先はGoogleサービスなので、PCや携帯電話など他のデバイスと情報を共有できます。使用感もかなりスムースなので私は満足しています。なによりGoogleサービスで殆どのPIM機能を実現できたことが大きい。しかし、メモと新規連絡先(メモの一部)がGoogleサービスではないので統合性が弱くなることが少し残念です。Google DocやGoogle NotebookなどがKindleからスムースに入力可能になればよくなるのですが。それとGMAILのContactsの新規追加の問題も。とはいえ、これらは全て小さな問題に過ぎません。たくさんお金を払っているなら解決すべき問題とするでしょうが、無料サービスでここまでできることに感謝すべきだと思います。

30分から1時間もあれば十分に設定できますので、小さな休日プロジェクトとして如何がでしょうか。Kindleをお持ちの方はお試しください。お持ちでない方はこの際Kindle 3を電子PIM兼リーダーとして一台買ってみては如何がでしょうか。無料電子図書が数多くありますし、電子図書は同じものが紙バージョンとくらべて20-30%割安です。但し私は決してアマゾンの回し者ではないことだけはハッキリと断っておきます。



-----
(*)何処でもKindle図書を購入可能にすることを目的として、アマゾンはKindleの通信費用を現時点では(ファイルや米国外で購入された図書のダウンロード以外)ユーザに科していない。つまり、「Wikipediaやニュースサイトなどの基本的なウェブ閲覧」がKindleウェブブラウザの「試験的使用」の範疇として無料提供されている。非常に有難いことである。しかし永続する保証はない。またSkypeなどのVoIPやFlashなどのメディアストリームの使用を無料で望むことは難しいと予測している。

0 件のコメント: