2011年1月1日土曜日

理想のオフィスを目指して: 今年の計画!?

新年明けましておめでとうございます。

「一年の計は元旦にあり」といいます。今年は何を目標に据えるべきでしょうか。

学部移動に伴いオフィスの移動もあると思うので、これを機会に「理想のオフィス」を目指してみようと思います。それは。。。

「紙が(少)ないオフィス」

???大学教授のオフィスって本や書類で埋もれているではないですか???

その通り。でも、ここは一つスタートレックの艦長室(家具と幾つかの埋め込み装置のみ)を目指してみたいと思っています。

どうやって???

いきなり「紙がない」は不可能なので、以下を実践することで「紙が少ない」を実現するつもりです。

1 図書は図書館を通じて購入する。読み終えた本は図書館へ返す。つまり図書館を本棚代わりにするモデルです。

2 論文は電子ファイルとして管理する。これは(古い論文を除いて)既に実現済み。

3 ノートはモバイル機器やラップトップ上で取る。これも既に実現済み。とはいえ、紙と鉛筆の手軽さや柔軟性は捨てがたく、紙のノートパッドとペンはオフィスに常駐しています^^;特にミーティングメモは課題が大きい。音声録音+を考えています。スマートフォンの見せ場でしょうか。

4 購入図書は全て電子図書を(ない場合は1を実践)。Kindleが大活躍します。

5 複数機器間の整合性管理のために「クラウド」を活用。メールや予定管理は既にこの範疇だが、ノートや成果物(PDF)もこれに含める。

6 講義資料や配布物、シラバスは全て電子化。これも実践済み。唯一の問題は試験。これだけは紙を使用。プロジェクトや課題の提出もPDFや成果物アーカイブ。

残る問題は学内の書類。管理部門への申請書類(出張手続きなど)以外は(本当は「も」と言いたいけど、現状のスタッフの質では絶対無理なので。)電子化してほしいけど。。。


0 件のコメント: