2012年9月24日月曜日

日本へ一時帰国したときの携帯電話対策

久しぶりの更新です。

約10日の日本での休暇から戻って4日目。時差に悩まされつつ、新年度の講義準備を行っています。今回の一時帰国で施した携帯電話対策についての亡備録です。

日本の携帯通信事情はとてもいいのですが、契約が主流なので、私のような一時帰国者にとって不便極まりありません。文句はさておき、一時帰国者の選択肢を考察してみますと大体このようになると思います。

1 レンタル:非常用に最適。通話やデータは割高。最近は通話料のみのレンタルもある。
2 プリペイド:日本の住所がないと買えない。通話とデータの両方は同じ番号では無理。
3 その他:日本の家族や縁者に契約を保持してもらう。もしくは自身で保持する。など。

今回の帰国では、選択肢2を試しました。日本通信(b-mobile)のVISITOR SIMです。有効期間は2週間。1GB(1000Mバイト)までのデータ通信専用です。通話はできません。110番と119番は通じるような表示が携帯電話ではありましたが、試していません。値段は送料、税金全て込みで3980円。これを私のロック解除されたアンドロイド携帯で使いました。

SIMの入手:オンライン通販、しかも日本国内発送のみです。日本へ行く1、2週間前にウェブでクレジットカードを使って発注します。郵送先は自分の滞在先(ホテル、自宅など)です。空港の郵便局止めはダメとのことでした。空港販売が理想。せめて空港の郵便局止めはできるようにしてほしい。そうでないと、予期せぬ旅程変更に対するリスクがある。この辺りは、ユーザの立場や状況の理解に欠けているように思える。

初期設定:SIMを挿入して携帯電話の電源を入れる。APNを手動入力すれば準備完了。これは比較的簡単。でも、なぜAPNを自動的にネットワークから拾ってくれるようにしないのだろうか。ここは世界の非常識。なぜやらないのでしょうね。技術的に出来ないとは思えないのですが。

通話対策:どの程度通話(特に送話)するのかによりますが、基本的にはSIPサービスをデータSIMの上で使うことで対処できます。私は自宅でもSIPサービス(グーグルトークとSIP Gate)を用いていますので、それをそのままアンドロイドの上で使えました。なので、日本にいながら、自宅に掛かった電話や留守電を自宅にいるような感覚で使うことができました。但し、これらの番号はアメリカのものなので、さすがに日本にいる知人から帰国中の私へ国際電話を掛けてもらう必要があります。それに、日本の電話番号を連絡先として聞かれる機会がいろいろとありました。今回、試したのは、FUSION IP-Phone SMARTというIP電話サービスです。これは、無料で050番号がもらえ、月料金なし、通話料(送話30秒8.4円。受話無料。)のみ毎月清算という、私のような一時帰国者にとってとてもありがたいサービスです。送話料金はアメリカのSIPサービスの方が安いので、私はそれをうまく使い分けていました。

FB、メール、Skype、SIP、ネットラジオなどを普段通り使いましたが、使用データ量合計は400MBくらいでした。なので、2週間で1GBというのは、私にとっては十分なようです。

ソフトバンクのプリペイドを使用しますと、通話クレジット購入に最低3150円掛かりますし、通話料がはるかに高いです(送話30秒45円。受話無料)。なので、1、2週間くらいの滞在でしたら、このデータSIMを用いた方がお得感が高いと思います。数日の滞在ですと、むしろレンタルで対処した方がお得な場合が多いと思いますし、2週間以上の長期滞在になりますと、国内用のデータSIMを買った方がお得なようです。

今回はJRパスを使って国内を移動したのですが、電車や新幹線の中からもかなり快適に使えました(当然、トンネル内や山間なのでは電波が届きません)。