2013年4月12日金曜日

貧乏大学教授の海外出張便利アイテム

久しぶりのブログ更新です。最近はどうも調子が上がらなくていけません。

大学教員は意外?に出張が多い職業です。海外出張もそれなりにあると思います。大学から出してもらえる出張費は限りがあるので、なるべく出費を抑えたい方は多いのではないでしょうか。しかしながら、教員の海外出張なので、バックパッカーのように振る舞うことも憚られるのではないでしょうか。更に、不便な国の場合、2週間以上の長期にわたる場合、複数の国を一度に廻ることなどもあると思います。

防忘録を兼ねて、低予算海外出張に役立つ、どこでも手に入る便利アイテムを気ままに並べてみました。ご参考まで。


  • 針金ハンガー。丈夫で手荷物の場所を取りません。肩の形くずれなどが気になる場合は不要な紙を丸めたものをテープなので止めておけば対処できます。クリーニングのもので十分です。
  • ロープ。洗濯物を干したり、荷物を括るなど、多用途に使えます。
  • 香水。洋服についた匂いを隠すための必需品です。勿論、自分の体臭対策にも使えます。一石二鳥。
  • 濃い色の下着、靴下、シャツ、ズボンなど。汚れが目立ちにくいです。
  • ポケットの多い薄いジャケットやベスト。フライトに便利です。セミフォーマルなものだと、背広の機能を期待できるのですが、なかなか気に入るものはありませんね^^;釣り用のベストは狙い目かも。
  • 大きめのスカーフ。防寒用に。アスコットタイとして正装に。
  • タオルのハンカチ(フェースタオル)。普通のハンカチよりいろいろな面で機能的です。
  • 石鹸。現地の石鹸は肌に合わないことが多いです。出来れば、シャンプーとしても使用可能なものをお勧めします。
  • 安全カミソリ。これも現地調達を考えない方が無難です。
  • 爪切り。日本製が一番です。
  • フラットシーツ。宿のベッド、布団、枕などが合わない場合、これに包まれば自分のベッドに近い状態を作れます。寒い場合に羽織ったり、風呂敷代わりにも使えます。きっちりと畳めば大きな場所を取りません。
  • のど飴。疲れた時の糖分補給と本来ののど飴の目的を兼ねられるので便利です。
  • ビタミンC。フライトや野菜不足の対策に役立ちます。錠剤のものが便利です。
  • 大きなジップロック。多用途です。洗濯物や湿ったものの分離や保存など。
  • 小さな折りたたみの傘。外国の傘は期待できません。
  • トイレットペーパ。特に発展途上国へいく場合は必要だと思います。水に溶けるので、本来の目的以外でも重宝します。
  • ウェットティッシュ。多用途。風呂やシャワーが何日も使えない状況でも、これで何とかなります。
  • 回転式発電器付きの懐中電灯。停電時の対応もですが、ベッドの横に一つ置いておくと便利なことが多いです。ラジオ付きのものもあります。

必ずしも万人向けではありませんが、あると便利なガジェットを2点。

  • アンロックされた携帯電話。現地でSIMを安価に入手できる場合や国際ローミングSIMを使う場合に便利です。スマホだと、音楽や映画プレーヤ、時計、アラーム、電卓、WiFiアクセスポイントなど、多機能を兼ね備えるので便利です。
  • Kindle Keyboard (3G + WiFi)。読書、音楽プレーヤになります。更に、およそ110ヶ国に渡って、3Gで試験的ウェブブラウザーが無料で使えます。これを上手く利用すれば、メールと(アメリカ・カナダ限定ですが)SMSが無料で使えます。