2015年8月4日火曜日

ChromebookにWindowsって必要?

第一部:お話。

機能面のみから判断すれば答えは「NO」です。Chrome Web Storeのアプリはとても充実していて、ワープロ、表計算、プレゼン、メール、カレンダー、時計(世界時計、ストップウォッチ、アラームを含む)、電卓、キンドル、メディアプレーヤーなどなど、大抵のことはChrome OSのみでこなしてくれます。何と、SSHやLaTeXもフルバージョンで使えます。

セキュリティやメンテナンスに難が出るのですが、それを承知の上でしたら、LINUXアプリ、Android Apps、16ビットDOSのアプリ(ゲーム)がChrome OSの下で一通り使えます(Crouton, ARC Welder, DOSbox)。これだけカバーしていればWindowsなんて要るのかなぁって思いません?

ビジネススクールでITを講義すると。。。実は「YES」なんです(-^-)>

幸い、ワード、エクセル、パワポはオンラインバージョンが出ましたので、Chrome OSから使用可能です。全く興味ありませんが、OneNoteもあります。でも、アクセス(パーソナルデータベース)が無いんです。アメリカの学部のデータベースの講義ではアクセスがポピュラーです。最近は、MySQLやORACLE DB Expressなど無料DBMSも用いられるようになってきたのが救いです。

え?なぜそっちを使わないのかですって?使わないのではなくて、大学のIT部門とのやり取りがとても面倒なので、「使えない」、というか講義やラボで使うためにもう少し時間が必要なのです。

というわけで、サブノートを持ちこんで講義をしたければ、Windowsでアクセスを動かす必要性に迫られます。幸い、ここにCroutonのChroot LINUXへVirtualBoxをインストールする方法が詳しく書かれています。


じゃあ問題ないじゃないって?いえいえ。はっきり言います。「おすすめできません。」やる価値はとても低いと思います。

前に述べたように、実用上必要性は低いですし、とにかく面倒くさいんです。単にインストールするだけって話ではありません。興味のある方は第2部をどうぞ^^

ちゃんと動きますし、それなりに使いモノになります。でも、ChromebookでWindowsを本格的に使おうと考えているのであれば、同じ価格帯でWindowsノートPCが買えます。そこにChromeをインストールして使った方が賢明です。

Windows 7上でエクスプローラとアクセスが走っているスナップを少し^^






第2部:技術。

まず、VirtualBoxの話から。これは仮想マシンを動かしてくれる便利なソフトで、あらゆる場面で重宝しています。オラクルが無料で提供しています。LINUX上で他のdistroを動かしたり、Windowsを動かしたりできます。

今回もVirtualBoxのお世話になりました。即ち、CroutonのChroot(UBUNTU 14.04)環境でVirtualBoxを用いて、そこでWindowsを走らせました。私のChromebook (Acer C720)はCeleron CPUに2GB RAMですから、Windowsマシンとしてはちょっと厳しいです。そして、SSDは16GBしかありません。

なので、まず、どのような形でWindowsをChromebookで走らせるにせよ、ディスク容量を増やすことが必要です。Croutonのchrootのように、この16GB内蔵SSDへ環境を構築することは不可能です。

次に、LINUX版(というかUNIX系OS上の)VirtualBoxは専用カーネルモジュール(仮想のデバイスドライバ)を幾つかロードします。でも、Chromebookのカーネルは、主にセキュリティの都合上、外部のカーネルモジュールのロードを許さない仕様になっています。これが、VirtualkBoxをインストーラでインストールするだけでは動かない理由です。アプリ自体は立ち上がりますが、ゲストOSをスタートさせようとするとモデュールがありませんと文句を言われて先へ進みません。

Chrome OSのカーネルのオプションを弄り、モデュールのロードを許す設定にした上で、ヘッダファイルを生成するために、カーネルのソースをダウンロードして、カーネルとモジュールをコンパイルする環境を整える必要があります。そこでヘッダファイル(とカーネルイメージ)を生成して、それをインストールします。その後にようやくVirtualBoxをインストールできます。面倒でしょ^^

更に面倒なのは、OSがアップグレードされる度にヘッダファイルを生成する必要があるということです。

この作業、実はLINUXカーネルコンパイルの作業そのものなので、かなりディスクの容量がいります。勿論、作業終了後はコンパイラーが生成した中間ファイルの類を掃除すればいいのですが、最大で2GB強のスペースが必要です。勿論、コンパイラー、make、gitなど必要なツールのインストールも必要です。さらに、WindowsのゲストOS構築に20GBくらいのディスク容量が必要です。お分かりでしょうか。VirtualBoxとそのWindowsゲストOSだけで22GB強のディスク容量です。

ディスクの増量ですが、大きく2つの方法があります。一つは内蔵SSDを大容量のものへ交換すること。Acer C720については、オンラインで記事が沢山見つかります。この問題点はメーカの保証が無効になることです。当然、ディスクの交換に際してケースを開けなければいけませんが、そのためにネジに貼ってあるシールを剥がす必要があります。そのシールを剥がした時点で保証が無効になるという訳です。もう一つは外付けのディスクを追加すること。幸い、Croutonはchroot環境を任意のパスに構築することをサポートしています。今回はこれを採用しました。

とは言え、私は32GB USBメモリースティックを一つしか持っていませんし、それも使用中です。16GBのスティックは余っているのですが、これでは足りません。chroot環境そのもの、VirtualBoxインストール用カーネルコンパイル環境、そしてWindowsゲストOSに合わせて最低25GBくらい、即ち32GBのスティックが必要です。

暫定的処置として、9年前のラップトップに入っていた60GB HDDをUSBのケースに入れたものを用意しました。USB2.0なので遅いですが、ここは動作確認を行うだけですから、これで十分です。


このディスクの上に新たにchroot環境を構築(Ubuntu 14.04 with LXDE)。そこへカーネルソースをダウンロード、コンパイル。生成したソースとカーネルイメージをChrome OSの環境へインストール。そしてVirtualBoxをインストール。講義を行う教室やラボと同じ環境を整えるために、Wiodows 7を選択。アクセスは少し軽いとの理由で2010を選択。DreamSparkを利用して無料ダウンロード(大学勤務の特権^^)。そして仮想マシンの構築。Windows 7とアクセス2010をインストール。やっぱり。ここまでで既に26GB使用。カーネルコンパイル時は2,3GBは膨らむ。32GBのスティックだとヤバかったかもしれません。

USB2.0、しかも9年前のHDDなので速度を心配していましたが、案外スムースです。初期XP、又は98搭載PCにむりやりWindows 7を入れた感じかそれより少しマシなくらいです。悪くありません。

あとは公費(講義やラボで使うので)で64GBの小さなUSBスティックを買って、それにこのHDDの中身をコピーして使えば、Chromebookの持ち運びに支障をきたさないし、スピードも少し改善されると考えています(こんな感じ)。


0 件のコメント: