2016年1月6日水曜日

短期海外出張や旅行の際の携帯電話事情:マレーシア

明けましておめでとうございます。年に数本の投稿ですが、それなりに読んでいただいているようで、大変嬉しく思います。

昨年(2015年)末にマレーシアへ家族旅行したときに使用したローカルSIMの情報です。

ANAで成田からクアラルンプール入りしました。なので、KLIAのターミナルに深夜0時近くに到着しました。ネット検索していますと、エアアジアなどLCC専用ターミナルであるKLIA2には年中無休、24時間営業の携帯ショップがあるという記事が散見できますが、KLIAに関しては皆無でした。

ご安心ください。ありました。税関検査を終えて到着ロビーに出ると、そこにMAXISとDiGiのキオスクがあります。DiGiのキオスクは人がいませんでした(開いているのかどうかわかりませんでした)が、MAIXSのキオスクには3人詰めていました。早速SIMを購入しました。

プラン名はHotlink Fastといいます。

https://www.hotlink.com.my/en/plans.html?redirect=no

HotlinkはMAIXSのプリペイドSIMのブランド名です。それの4G LTEプランです。マレーシアで一番サービスエリアが広く、通信も安定していると評されている会社です。

15MYR(マレーシアンリンギット、現時点のレートで27円くらい)で300MBのデータと5MYR分の通話クレジットがついてきます。

ところが。。。。

このキオスクでは「パッケージ」なるものを勧めてきます。パッケージと聞けば、通常、お得感があるのですが、この場合はその逆。ちょっとしたボッタでした^^

街中のMAXISショップで同じSIMを購入すれば15MYRでしょう。

他に選択肢はないので、あえてこのボッタのパッケージを購入しました。5MYRコールクレジット、2GBデータで65MYR(約1755円)です。最近、マレーシアでは6%の消費税が掛かります。でも、それはこの価格に含まれていました。

落ち着いた後にウェブで調べてみると、

*SIMが15MYR(内、5MYRはコールクレジット)
*2GBデータ追加に30MYR

ということ。20MYR(ー消費税)ボッタくられた計算になります。これくらいだと、空港販売の特別手数料って言い訳もなりたつかも。でも、不要なものにはビタ一文払いたくありませんので、私から見ればボッタです。

パッケージの説明がいい加減で、2GBのみと思っていたデータ通信量ですが、実は、SIMに付帯している300MBもありました。また、1GB=1024MBの解釈です。なので、合計2348MBのデータ通信量です。有効期限は、付帯している300MBが5日間、追加の2GBが30日です。

10日間の滞在だったので、これで十分です。しかも、僅かですがコールクレジットがありがたい。殆ど使うことはないのですが、家族や親戚との連絡に必要な場合に役立ちます。通話1分(受信は無料)、又はSMS1通が12セントでした。

空港からタクシーで家内の実家へ向かうときに、運転手に正確な道のりを訊かれた時に、早速家内の両親へ電話を入れて、説明をして頂き、非常に助かりました。やはり、空港でSIMを購入して大正解でした。その後も滞在中は何かと連絡を取るのに役立ちました。

更に。。。。

キャンペーンで、Hotlinkの管理Appをインストールすると、1GBのデータ(3日間有効)が無料で提供されるとのこと。早速インストールします。これで無料1GBゲット^^

有効期限こそ短いですが、30日有効の1GBデータを追加すると20MYRかかるので、これをボッタくられた20MYR分と思うことで気を沈めました。

SIMフリーのASUS Zenfone2 (ZE551ML)に挿入して使用しましたが、通信はとても安定していて心地よかったです。10日間の滞在だったので、結局、1GBくらい余ってしまいました。

もし、KLIAのMAXISキオスクでパッケージを勧められたら、「SIMのみで結構です。」と毅然と言ってください。パッケージでしか販売できませんと言われるかもしれませんが、15MYR(+6%消費税)で購入できるかも。。。

あと、マレーシアでは何故か、「SIMをアクティベートするのであなたのスマホを貸してください」と言われます。人それぞれですが、アクティベートは簡単にできますので、「自分でやります。」と言って断るのがベストです。今回は、そうやって断ったにも関わらず、店員の自分の携帯電話を用いてアクティベートをやってくれました。(余計なお世話なのですが、)親切心からの行動なので素直にお礼を言いました。


0 件のコメント: