2016年2月21日日曜日

貧乏大学教授のカバン拝見

もうすぐ春ですねぇ。本来、春になれば、きせつも良くなり、一度は海外へ。。。と考えるのですが、今回は思わぬ仕事が入ったため、それも難しくなりました。

本題です。大学教授のカバンの中身に関してです。ここでは私の事例なので、他の真面目な先生方にはあてはまらないかも^^

まず、最初にお断りしておきます。私のオフィスには紙が殆どありません。書類のみでなく、論文や本も含めてです。全て電子化しています。更に、最近はクラウドに上げています。


  • 大学事務(雑務)関連書類はOne Drive無料アカウント(15GB)で全て管理。
  • 研究関連と私的ファイル(スナップショットなど)はGoogle Drive(100GB 月額1ドル99セント)で管理。
あれ?

はい。ご明察。カバンなど不要なのです。ほんの一部の状況を除いては^^


いつも持ち歩くものリスト:
  • スマホ(ASUS Zenfone 2 )+イヤホン+充電ケーブル
  • クレジットカード
  • 現金(20ドルから50ドルくらい)
  • 健康保険カードと主治医の名刺
  • 大学教員証

  • サニタイザー(消毒用アルコール)
  • リップスティック(靴磨きにも使える)
  • ハンカチ
  • メガネ拭き

必要に応じて持ち歩くものリスト:
  • ラップトップ+ACアダプタ(仕事を大学のオフィスや出先でやる場合のみ)
  • USBメモリ、HDMI-VGAアダプタ、スピーカ、ヘッドセットなど(必要な場合のみ)
  • 運転免許証と自動車保険カード(運転時のみ)
  • パスポート(海外出張時のみ)
  • フロスか爪楊枝(食事絡みの外出時のみ)
  • 耳栓(長時間外出時のみ)
  • のど飴かチョコレート(長時間外出時のみ)
  • 答案や宿題。(必要時のみ)

学内はスマホでクレジットの支払い(NFC)が可能なので、クレジットカードもそのうち持ち歩く機会が減ると思います。

会議の議事録もスマホのカメラや録音で十分です。自動的にクラウドへ上がるように設定していますので、後処理も特に必要ありません。安定したネット接続が条件ですが、少なくとも帰宅すれば、自宅のWiFiへの接続、アップロードともに自動的に行われます。

最近は試験をオンライン、レポートをクラウドやブログ、その他のプログラミングやデータベース問い合わせ、設計などをデモでやらせますので、極稀にしか紙答案や宿題が発生しません。

意外?に必要性を感じるのがHDMI-VGAアダプタです。プロジェクタへの接続に使います。ラップトップの主流がHDMIへ移行しつつありますが、プロジェクタの主流はVGAなので。しかし、これも時間の問題だと思います。

USBメモリもメールやクラウドに頓着しない人対応です。使う機会は減少していますので、常備リストから外れています。

大学教員証はバスの無料乗車に必要なので常時携帯しています。

健康保険カードと主治医の名刺は救急搬送された時の備えです。アメリカの救急搬送での最初の質問は「保険は?」ですから^^


0 件のコメント: