2016年5月25日水曜日

Chromecastにモノ申す

結論から言います。「中途半端」。

ま、グーグルさんの言い分は分かります。その上で。。。

やはりあらゆる使用場面を想定してほしい。一番のネックはインターネット接続が必要なこと。認証済みのデバイスはスルーで接続可能、その場合はインターネット接続はいらない。ってできないものか。

BTで認証してWiFiでp2pとか。。。それならBTで全部やっても同じ?

とにかく、自宅のリビングで固定して使うこと以外の想定はしてないのが気に入らん。

35ドル無駄にした気分。。。

え?そんなのなんで前に調べなかったかって?調べましたよ。どれもあいまいではっきりしなかったので人柱になりました。今回は失敗^^

それでも、だましだまし使えます。

私は携帯ホットスポット(バッテリーパックにもなるスグレモノ^^)の下でChromecastを設定して使用しています。castingしたいデバイスはこのホットスポットにアクセスすればOK。そして、ホットスポットをEhterケーブルでインターネットに有線接続するので、ネットサービスは普通に使えます。


また、状況に応じてこんなものが便利に使えます。

ホテルや移動先でのスクリーンキャスティングは何かと便利であることは確かです。でも、ネット接続の必要性は移動での使用を考慮して改善してほしい。本当に残念。


2016年5月24日火曜日

ChromebookをEHRに

OpenEMRがCrouton環境でスムースに動きます。

LAMPを設定して、OpenEMRから.debパッケージ、又は.tar.gzをダウンロードしてインストールするだけ。Chrome OSのブラウザにlocalhost/openemrと入れるとちゃんと出てきます。


スピードも悪くありません。

ラズパイ2でも動きます。