2016年7月24日日曜日

アメリカのスマホ事情!?

暑い日が続きます。体調にはくれぐれも気をつけたいものです。

まずは、結構大きなニュースから。

https://www.att.com/esupport/article.html#!/wireless/KM1069631

はい。AT&Tが今年(2016年)末までに2G GSMのサービスを停止します。これは、空いた周波数帯で4Gのサービスエリアを拡張することで、通信の質を高めることが目的なので、むしろ歓迎したいところです。

但し、使用中の携帯端末が3Gか4Gに対応している必要があります。

私はASUS Zenfone 2 (ZE551ML, 4GB RAM, 64GB ROM)を使用していて、SIM1にデータSIMを、そしてSIM2にH2O Wireless PAYGのプリペイドSIMを挿入しています。はい。このSIM2が課題です。このスマホ、安価な割にスペックが高く、使い心地のいいのですが、SIM2は2G GSMの音声とSMSのみにしか対応していません。これが来年から使えなくなるということです。

SIM1のデータSIMは国際ローミングデータSIM(こんなの使ってます。興味があれば紹介リンク送ります。割引特典があります^^)で、3GB99ドル(1年有効。1MB3セントちょい)をアメリカを始め、他国でも利用しています。日本が入っていないのが残念ですが、ヨーロッパやアメリカ、そしてアジアの主要国はカバーしているので、大変重宝しています。なので、海外出張時もSIMを差し替えることなく、スマホを快適に使用できます。

恐らく、SIM1へH2OのプリペイドSIMを挿して、通話、SMS、そして4Gデータを使い、SIM2は開けておくか、GO SIM国際ローミングSIMを通話、SMS専用として入れておくことになるでしょう。2Gが使える国はまだまだ多いですし、GO SIMは160カ国以上で使えますので、海外出張で現着した直後から電話が使えることになります。SIM1は場所に応じて差し替えが発生することになりますが、まぁ、これもそんなに頻繁に行うわけでもないのでいいかなぁと^^

端末を2台持つことも考えたのですが、これもかさばるし、管理が面倒です。

実は、私は通話もネットアプリやIP電話を多用しているので、H2OのSIMで通話することは殆どありません。90日10ドル(5セント/分、又はSMS、10セント/MB)プランで4回チャージ(合計40ドル分)したのですが、現在の残高は39ドルです^^

今後はデータを使うことになりますが、これも多くはWiFiを使いますので、問題はないと考えます。携帯データ使用量も最大で一ヶ月100MB前後(10ドルくらい)、普段は10−20MB前後(1−2ドルくらい)です。90日10ドルのチャージで賄える通信量です。それに、必要に応じてトップアップすることはとても簡単です。

あ、気が付きました?私の携帯通信料。とても安いですよ。国際ローミングデータSIMが99ドル、H2O PAYGが40ドル(90日が4回)、合計で139ドルです。月平均で12ドル弱ですね。普段はIP電話やWiFiを多用していることをお忘れなく^^

*IP電話はグーグルボイスです。なので、アメリカとカナダの通話やSMSは送受信ともに無料(一部、例外あり)です。