2017年2月10日金曜日

ラズパイのIT管理学教育への利用

今、ラズパイをかなり強引に推進しています。

同僚の教員は訳分からんモンに手をだしたくないってことで煙たがられてますが、学生は面白がってくれます。

目的は「LINUX(UNIX)環境へ慣れ親しむことで、システム管理、ネットワーク管理のスキルを身につける」ことです。

とりあえず、担当する3つの講座から。。。

1 ネットワーク
ここで一番ラズパイを活用します。具体的にはネットワーク管理のハンズオンを通じて、ラズパイをルータ、アクセスポイントなど、関連のネットアプライアンスとして設定することをやってもらいます。

2 情報セキュリティ管理
ここでは主にアクセスコントロールを中心にラズパイルータ上でファイアウォールを設定してもらいます。医療情報管理の学生が一緒なので、あまり突っ込んだことはできません。なので、あくまで情報セキュリティ管理ポリシー設定管理のシミュレーションとしてハンズオンを行います。最近話題のPoison Tapも検討できます。

3 デジタルアントレ
Eビジネスのサーバ試作をラズパイでってのがコンセプトです。但し、ここでは選択制です。ラズパイをWordpressサーバに設定した上でアントレをやってもらうって話です。

4 プログラミング、システムエンジニアリング、データベースの講座
ラズパイをプラットフォームにした種々の演習が可能です。なぜかなかなか理解されませんが。。。。

0 件のコメント: