2017年3月10日金曜日

海外渡航時のITとインターネット

海外渡航時ではIT機器の破損、紛失、盗難の可能性が普段よりも高くなります。

対策は施していらっしゃいますか。

私はサブノートで対処しています。重要なデータはクラウドで完全管理。PCの上には娯楽用の音楽や映画など、差し障りのないもの以外は残さないようにしてます。クロームブックだと理想です。データや設定情報はクラウドで管理されてますので、パスワード変更などでそのアカウントさえ守っていれば情報漏えいは防げますし、復旧も代替機のクロームブックでログインすれば済みます。

ホテル以外での使用が考えられない場合はスティックPCと携帯用キーボード・マウスが便利かもしれません。クロームスティックがお手軽かと。

スマホも同様な対処が可能です。私の場合、普段使いのスマホも格安でSIMも格安プリペイドを利用していますので普段と海外渡航時、両方で同じものを使っています。

インターネット接続は随分便利になりました。多くの国でSIMを空港で購入することができますし、レンタルや無料WiFiも充実してきました。

しかし、移動中、特に国際線利用時の通信はまだまだ不自由を感じる場面が多いですね。フライト中は機内WiFiサービスしか選択肢はありません。また、離陸直前や着陸直後の連絡はSIMが必要ですが、海外渡航の場合、その国で使える必要があります。国際ローミングも随分お手頃価格になってきましたが、それでも総じて安くはありません。私のような格安SIMユーザにとって国際ローミングは悩ましい課題です。

国によって事情は違いますが、無料WiFiを最大限に活用すれば、そのサービスエリア間の移動だけをSIMでカバーすればいいということになります。そう考えると、意外にデータ量は少なくてすむことが多いようです。海外渡航中のデータ通信用SIMの予算は一日あたり200−400円を想定しています。つまり、コーヒー1杯分の値段です。

無料WiFiは認証が煩雑になることが欠点です。最近、それを補う単一認証アプリが出ていますので、それをうまく活用するとストレスが軽減されます。