2017年5月7日日曜日

学術会議運営術!?

学者(教授)にとって学術会議運営は必須。昨今、うまくやればタダでできます(飲み食いは別)。備忘録代わりに^^


場所:大学の施設を使えば無料になることが多い。費用が発生しても微々たるもの。オンラインでやるのも面白い。ZOOM、Skypeなど。ウェブのみで、チャットやSNS的なコメントによる議論も可能性が大きい。

ウェブ:無料ウェブサイトを利用できます。但し、中国など、一部の国ではその政策故のアクセス制限がある場合も。グーグルだと、ウェブ、クラウドドライブ、メール、電話などを統括的に、しかも無料で利用できますので便利です。

論文投稿、査読管理:便利なシステムが沢山出てます。例えばEasyChairやマイクロソフトのCMSなど。いろいろと便利です。

  • プログラム委員会委員へのメール
  • 著者へのメール
  • 発表スケジュール作成
  • 予稿集の作成
  • CFPの作成とオンライン拡散(SEO含む)
などなど。一番の問題は参加費と論文の突き合わせ。この2つを統合するシステムはあまりありません(あっても費用が発生するため、小さな会議では割に合いません)。

参加費支払いや登録:クレジットカード決裁サービスが便利。PayPalやSquareなど。アメリカやイギリスだとGoogle Walletも使える(メールで請求や支払いが可能)。

予稿集や論文出版:冊子の印刷は当然お金がかかります。CEUR WS ProceedingsやarXiv (CoRR)などの利用を検討されると無料でPDF論文(記事)がオンライン公開できます。インデックスにも半自動的に載ります(DBLP)。

如何でしょうか。本当に上手くやると無料で会議運営が可能だということです。実際、参加費一般50ドル、学生無料で50人規模の会議を運営したことがあります。ランチボックス、ペットボトル飲料水、基調講演者への謝礼で全て使い尽くします。広告費という名目で、予稿集の巻頭言にスポンサーロゴを入れる条件で、企業から少額寄付を数件頂けます(一件あたり500−1000ドル)。