2017年8月10日木曜日

研究とは。。。

大学教員にとって教育、研究、社会奉仕というのが主な職務とされています。

教育とはカリキュラム編成や講座運営など。

研究とは研究者としての活動。

社会奉仕とは委員会やコンサルなどを通じた社会貢献活動。

この中で多くの教員が拘るのが研究ではないかと。そして、一番達成感を得にくいものなのかと。自分の専門性を活かした研究をやって、いい結果を出して、それを論文に纏める。そしてそれが広く認められる。これが理想。現実は。。。。広く認められることはとても稀。だから認められると凄い。。。

勘のいい教員だと、どんな研究やると認められやすいのかが見えます。ところが、自分の所属する大学で、そんな「認められやすい研究」を推進する環境が整っていないことが多い。この点でストレスや限界を感じる教員は沢山います。

そこをどう打ち破るのか。。。。

それは個々の教員が自分で道を見つけるしかないと思います。


0 件のコメント: